• カモミール・ジャーマン
  • カモミール・ジャーマン

カモミール・ジャーマン

  • 学名
    Chamomilla recutita(Matricaria chamomilla)
  • 科目
    キク科
  • 主な産地
    ヨーロッパなど

植物の特徴

カモミールジャーマンは、キク科の一・二年草で、50cm前後まで育ちます。葉は、糸状に近い裂片をもつ2~3枚の葉をつけます。花は白く、その香りは甘くフルーティーで、リンゴのような芳香を持ちます。学名の「Matricaria(マトカリア)」は、「マテール(語幹の母)」、または婦人の病気治療に用いられることから、ラテン語の「マトリックス(子宮)」に由来してつけられたものと言われています。カモミールジャーマンはヨーロッパでは、薬用に用いられ、ハーブティーにもよく好まれます。ヨーロッパが原産ですが、今日まで世界各地で薬用ハーブやお茶・観賞用として栽培されています。

精油の構成成分

カモミール・ジャーマン
  • カモミール・ジャーマン

  • 全成分名称
    カミツレ花油
  • INCI
    Chamomilla Recutita (Matricaria) Flower Oil
  • 使用部位
    全草/花
  • 抽出方法
    水蒸気蒸留法
  • 採油率
    花 0.05%
  • ノート
    ミドル
  • 香りの系統
    フローラル

カモミール・ジャーマン 精油の特徴

全草または花から水蒸気蒸留によって得られる精油は0.05%前後で、薄青色~青色を帯びた色をしています。ビサボロールオキサイドA、カマズレン、β-ファルネセンなどが主な成分で、カマズレンを含むことで青色の独特の色を呈しています。ほんのりとしたフローラルな甘さと、薬を思わせるような香りにグリーンのトーンを持っています。ブレンドに難しい精油の一つとして有名で、芳香用として使用されることは少ないですが、イランイランのような深い豊潤な香り、またグレープフルーツやティーツリーのような爽快さやドライ感のある香りと相性が良いです。香りの強さはやや強く、少量で香りの存在感がでるためブレンドの際には少なめに調整することがポイントです。

精油の構成成分

精油の構成成分

※ロット分析データの一例を記載

  • α-Bisabolol oxide A 45.0%
  • β-Farnesene 17.5%
  • α-Bisabolol oxide B 6.1%
  • 2-(hexa-2,4-diyn-1-ylidene)-1,6-dioxaspiro[4,4]-3-nonene 4.9%
  • Bisabolone oxide 4.6%
  • α-Bisabolol 1.9%
  • Chamazulene 1.6%
  • Germacrene D 1.1%
  • other components 17.3%

構成成分の効果・効能・作用

IFRA規制

カモミール・ジャーマン:
規制なし

※構成成分の規制は、成分の一部を記載

参考文献
ジェニー・ハーディング,精油・植物油ハンドブック,東京堂出版,2010.
大槻真一郎/尾崎由紀子,ハーブ学名語源事典,東京堂出版,2009.
ジェニー・ハーディング,ハーブ図鑑,産調出版,2012.
フレディ・ゴズラン/グザビエ・フェルナンデス,調香師が語る香料植物の図鑑,原書房,2013.
三上杏平,エッセンシャルオイル総覧 改訂版,フレグランスジャーナル社,2010.
小倉謙,植物の事典 ,東京堂出版,昭和32年.
大橋信夫,メディカルハーブの事典 ,東京堂出版,2016年.
ワンダ・セラー, アロマテラピーのための84の精油, フレグランスジャーナル社,1992.
日本アロマ環境協会, AEAJアロマテラピー検定 公式テキスト1級・2級,世界文化社,1999.
ロバート・ティスランド/ロドニー・ヤング, 精油の安全性ガイド, フレグランスジャーナル社, 2018.
バーグ文子, アロマテラピー精油辞典, 成美堂出版, 2022.
アネルズあづさ, 香りを楽しむ 特徴がわかる アロマ図鑑, ナツメ社, 2023.
協力
山本香料株式会社