• ベルガモット
  • ベルガモット

ベルガモット

  • 学名
    Citrus bergamia
  • 科目
    ミカン科
  • 主な産地
    ブラジル、コートジボワール、モロッコ、ポルトガル、ギニア、イタリアなど

植物の特徴

ベルガモットは、ミカン科で樹木は4m前後までに育ちます。葉は緑で、花は小さく白い花を咲かせますが、果実は黄緑色をしているのが特徴です。ベルガモットの果実は非常に酸っぱいことで有名で、とてもそのままでは食べられないほどです。ベルガモットは栽培は非常にデリケートで難しく、香料などに利用されることが多いそうです。この木が最初に栽培されたには、イタリアのベルガモとされていますが、名前の由来もこの年の名前からきているといわれています。原産地は主にイタリアのカラブリア地方でイオニア海とチオニア海の海岸地域に位置しています。その他生産地としては、ブラジル、コートジボワール、モロッコ、ポルトガル、ギニアにおいて栽培されています。

精油の構成成分

ベルガモット(圧搾・フロクマリンフリー)
  • ベルガモット(圧搾・フロクマリンフリー)

  • 全成分名称
    ベルガモット果実油、ベルガモット果皮油
  • INCI
    CITRUS AURANTIUM BERGAMIA (BERGAMOT) FRUIT OIL、CITRUS AURANTIUM BERGAMIA (BERGAMOT) PEEL OIL
  • 使用部位
    果実、果皮
  • 抽出方法
    圧搾法
  • 採油率
    0.5%
  • ノート
    トップ
  • 香りの系統
    シトラス

ベルガモット(圧搾・フロクマリンフリー) 精油の特徴

果皮を圧搾して得られる精油は0.5%前後で、無色~やや緑がかった色をしています。柑橘精油の中でもとりわけエレガントな香りで、リモネンを主成分とした柑橘特有のフレッシュ感がありながら、リナロールや酢酸リナリルという、ラベンダーやネロリと共通する成分が含まれるため、ややフローラルな表情もあります。クラシックなオーデコロンのトップノートには欠かせない香りですが、他にも幅広い香調と調和し、いろいろな表情を見せてくれる懐の深い精油です。紅茶の”アールグレイ”は、このベルガモットの香りを付けた有名なフレーバーティーです。多くの精油と好相性で、馴染み深く心地よい香りは、苦手な香りやブレンドがうまくいかない時に加えると、バランスの良い香りに整えてくれます
香りの強さは弱く、少し多めに入れるとバランスがとりやすいです。

精油の構成成分

精油の構成成分

※ロット分析データの一例を記載

  • Limonene 40.0%
  • Linalyl acetate 28.5%
  • Linalool 11.7%
  • β-Pinene 7.2%
  • γ-Terpinene 6.3%
  • α-Pinene 1.3%
  • Sabinene 1.2%
  • myrcene 1.2%
  • other components 2.67%

構成成分の効果・効能・作用

α-ピネン

α-Pinene

α-ピネン
  • IUPAC名
    (+)-α-Pinene: (1R,5R)-2,6,6-trimethylbicyclo[3.1.1]hept-2-ene
    (-)-α-Pinene: (1S,5S)-2,6,6-trimethylbicyclo[3.1.1]hept-2-ene
  • 分子式
    C10H16
  • 分子量
    136.23 g/mol
  • CAS No.
    (+)-α-Pinene: 7785-70-8
    (-)-α-Pinene: 7785-26-4
  • 分類
    二環式モノテルペン

α-ピネンの効果・効能・作用

in slico in vitro ex vivo in vivo
Non-clinical Clinical
Mice Rats Guinea Pigs Human
Stress Reduction
Anti-bacterial Effects
Anti-inflammatory Effects

ストレス軽減 (Stress Reduction)

α-ピネンの香りを吸入したマウスの脳腫瘍が小さくなった一方、α-ピネン添加によるメラノーマ細胞の増殖はみられなかったことから、心理的な影響が考えられることが報告されました。1)

抗菌 (Anti-bacterial Effects)

α-ピネンは青変菌に対して、気体暴露および培地添加の両方において生育阻害効果を示したことが報告されました。2)

抗炎症 (Anti-inflammatory)

RAW264.7細胞においてリポ多糖(LPS)添加により炎症を引き起こす物質である一酸化窒素(NO)の産生が誘導されますが、α-ピネン添加によりNO産生が抑制されることが報告されました。3)

  • 1)Kusuhara et al., Biomedical Research, 2012
  • 2)岡村、木材保存、
  • 3)Kwak et al., Journal of Exercise Rehabilitation, 2019

リモネン

Limonene

リモネン
  • IUPAC名
    1-methyl-4-prop-1-en-2-ylcyclohexene
  • 分子式
    C10H16
  • 分子量
    136.23 g/mol
  • CAS No.
    138-86-3
  • 分類
    単環式モノテルペン

リモネンの効果・効能・作用

in slico in vitro ex vivo in vivo
Non-clinical Clinical
Mice Rats Guinea Pigs Human
Stress Reduction
Memory Improvement
Anti-cancer Effects

ストレス軽減 (Stress Reduction)

4℃環境下で寒冷ストレスを与えたマウスにおいて、リモネン投与群の血中コルチコステロン(ストレスに応答するホルモン)濃度の上昇が抑制されたことが報告されました。また、物理的ストレスと精神的ストレスを与えたマウスにおいて、リモネン投与群の血中コルチコステロン濃度が抑制されたことが同報告にて示されました。1)

記憶・学習 (Memory Improvement)

リン酸緩衝生理食塩水中でアセチルコリンエステラーゼをアセチルチオコリンと反応させる際に、リモネンを加えることでアセチルコリンエステラーゼによる分解が抑制されることが報告されました。アセチルコリンエステラーゼは記憶や学習に関与するホルモンであるアセチルコリンを分解してしまうため、分解を止めることにより記憶障害などを防げる可能性があります。また同報告において、スコポラミン投与によるラットの記憶障害が抑制されたことも報告されました。2)

抗癌 (Anti-cancer Effects)

乳癌患者のリモネン摂取により、細胞分裂に関わるタンパク質であるCyclin D1の腫瘍における発現量が低下したことが報告されました。3)その他、リモネンの抗癌作用に関して複数の報告があります。4)5)

  • 1)Fukumoto et al., Stress and Health, 2008
  • 2)Zhou et al., Nutritional Neuroscience,, 2013
  • 3)Miller et al., Cancer Prevntion Research, 2013
  • 4)Ajikumaran Nair S et al., Phytomedicine, 2018
  • 5)Chaudhary et al., Human & Experimental Toxicology, 2012

リナロール

Linalool

リナロール
  • IUPAC名
    3,7-Dimethylocta-1,6-dien-3-ol
  • 分子式
    C10H18O
  • 分子量
    154.25 g/mol
  • CAS No.
    78-70-6
  • 分類
    モノテルペンアルコール

リナロールの効果・効能・作用

in slico in vitro ex vivo in vivo
Non-clinical Clinical
Mice Rats Guinea Pigs Human
Anti-inflammatory Effects
Stress Reduction
Anti-oxidant Effects

抗炎症 (Anti-inflammatory Effects)

カラギーナン投与により引き起こされたラットの後肢浮腫がリナロール投与により軽減されることが報告されました。1)

ストレス軽減 (Stress Reduction)

光ストレス下でマウスが暗室へ逃げ込むまでの時間がリナロール投与群において長くなったことや、閉鎖空間内での他個体への攻撃回数と時間がリナロール供与群では減少したことなどが報告されました。2)マウスのストレス応答時の視床下部における遺伝子発現変化が、リナロール吸入により回復することが報告されました。3)その他、リナロールのストレス軽減効果について複数の報告があります。4)5)6)

抗酸化 (Anti-oxidant Effects)

ヒト皮膚線維芽細胞への紫外線照射による活性酸素種(ROS)の発生がリナロール添加により抑制されたことが報告されました。7)

  • 1)Peana et al., Phytomedicine, 2002
  • 2)Linck et al., Phytomedicine, 2010
  • 3)Yoshida et al., Neuroscience Letters, 2017
  • 4)Harada et al., Frontiers in Behavioral Neuroscience, 2018
  • 5)Souto-Maior et al., Pharmacology Biochemistry and Behavior, 2011
  • 6)Weston-Green et al., Frontiers in Scichiatry, 2021
  • 7)Gunaseelan et al., Plos One, 2017

IFRA規制

ベルガモット:
フロクマリン類(ベルガプテン)含有による光毒性の可能性があるため、最終製品中の配合制限があります。

ベルガモット

※構成成分の規制は、成分の一部を記載

リモネン:
酸化したリモネンは皮膚刺激や皮膚感作を生じる可能性があります。リモネン含有量が高い精油は酸化防止剤の添加などによって過酸化物が最低限(20mol/l)に維持した上で使用すべきと示されています。

※構成成分の規制は、成分の一部を記載

リナロール:
酸化したリナロールは皮膚刺激や皮膚感作を生じる可能性があるため、リナロール含有量が高い精油は酸化防止剤の添加などによって過酸化物が最低限(20mol/l)に維持した上で使用すべきと示されています。

※構成成分の規制は、成分の一部を記載

参考文献
ジェニー・ハーディング,精油・植物油ハンドブック,東京堂出版,2010.
大槻真一郎/尾崎由紀子,ハーブ学名語源事典,東京堂出版,2009.
ジェニー・ハーディング,ハーブ図鑑,産調出版,2012.
フレディ・ゴズラン/グザビエ・フェルナンデス,調香師が語る香料植物の図鑑,原書房,2013.
三上杏平,エッセンシャルオイル総覧 改訂版,フレグランスジャーナル社,2010.
小倉謙,植物の事典 ,東京堂出版,昭和32年.
大橋信夫,メディカルハーブの事典 ,東京堂出版,2016年.
ワンダ・セラー, アロマテラピーのための84の精油, フレグランスジャーナル社,1992.
日本アロマ環境協会, AEAJアロマテラピー検定 公式テキスト1級・2級,世界文化社,1999.
ロバート・ティスランド/ロドニー・ヤング, 精油の安全性ガイド, フレグランスジャーナル社, 2018.
バーグ文子, アロマテラピー精油辞典, 成美堂出版, 2022.
アネルズあづさ, 香りを楽しむ 特徴がわかる アロマ図鑑, ナツメ社, 2023.
International Fragrance Association, Bergamot oil expressed, 2020
International Fragrance Association, Limonene, 1995
International Fragrance Association, Linalool, 2004
協力
山本香料株式会社