• ラベンダー
  • ラベンダー

ラベンダー

  • 学名
    Lavandula angustifolia
  • 科目
    シソ科
  • 主な産地
    フランス、ブルガリアなど

植物の特徴

ラベンダーはシソ科の植物で、非常に多くの種類があり、多年草のものやそうでないものもあります。花は、種類によっては、白やピンクの花が咲きますが、私たちのよく知るのは紫色の花をしたもので、真正ラベンダーというものです。ラベンダーは、古来ローマでは香りだけでなく、殺虫作用、消毒作用が良く知られていました。そのため、お風呂などに入れて傷を洗い、癒すことにも使われていました。このため、学名の Lavandula はラテン語の lavo「洗う」という意味の言葉からつけられたという説と、花の特徴をとって、同じくラテン語のlividus「青色」から来たという説があります。ラベンダーの原産地は、地中海南岸といわれていますが、ローマ人によって、イギリスに持ち込まれ、今では広く栽培されています。

精油の構成成分

ラベンダー
  • ラベンダー

  • 全成分名称
    ラベンダー油
  • INCI
    LAVANDULA ANGUSTIFOLIA (LAVENDER) OIL
  • 使用部位
  • 抽出方法
    水蒸気蒸留法
  • 採油率
    0.6-0.7%
  • ノート
    ミドル
  • 香りの系統
    フローラル

ラベンダー 精油の特徴

花から水蒸気蒸留によって得られる精油は、0.6%-0.7%%前後で、無色〜薄い黄色をしています。リナロールや酢酸リナリルなどのリラックス成分が主な成分で、優しく穏やかな豊潤な甘さをたたえた香りに、グリーンの清々しい清涼感を感じます。ラバンジン同様に幅広い用途や香調に有用な素材です。数多くのシトラスとも相性が良い精油ですがシトラスだけに限らず、鋭い爽快感を持つティーツリーや、深さや苦さのあるようなヒバやベチバーといった精油とも調和する素材です。ブレンドでは、全体を丸くし調和してくれるような役割が得意です。ブレンドがうまくいかない時に少量加えるとバランスが整います。ブレンドはニュートラルな強さのため、ブレンドのバランスをみて追加していくことがおすすめです。

精油の構成成分

精油の構成成分

※ロット分析データの一例を記載

  • Linalyl acetate 42.1%
  • Linalool 31.4%
  • Ocimene 4.0%
  • 1,8-Cineole 3.0%
  • β-Caryophyllene 3.0%
  • Borneol  2.1%
  • Terpinen-4-ol 1.6%
  • Lavandulyl acetate 1.6%
  • other components 11.2%

構成成分の効果・効能・作用

1,8-シネオール

1,8-Cineole

1,8-シネオール
  • IUPAC名
    1,3,3-trimethyl-2-oxabicyclo[2.2.2]octane
  • 分子式
    C15H26O
  • 分子量
    154.25 g/mol
  • CAS No.
    470-82-6
  • 分類
    単環式モノテルペンエーテル

1,8-シネオールの効果・効能・作用

in slico in vitro ex vivo in vivo
Non-clinical Clinical
Mice Rats Guinea Pigs Human
Anti-inflammatory Effects
Deodorizing Effects
Anti-malaria Effects

抗炎症 (Anti-inflammatory Effects)

脚に炎症があるマウスで、1,8-シネオール投与群では炎症による腫れが濃度依存的に少なくなったことが報告されました。1)

消臭(Deodorizing Effects)

スカトールや3-メチルブタン酸などの代表的な異臭成分をそれぞれ1,8-シネオールとともに密閉容器内で静置すると異臭成分が顕著に減少したことが報告されました。2)

抗マラリア (Anti-inflammatory Effects)

1,8-シネオール添加によりマラリア感染赤血球の感染細胞が減少し、さらに細胞内でのマラリア原虫増殖抑制や、感染による脳浮腫も抑制されることが報告されました。3)

  • 1)Henmi et al., J. Japan Association on Odor Environment, 2020
  • 2)Yin et al., Br J Pharmacol., 2019
  • 3)Santos et al., plos one, 2022

リナロール

Linalool

リナロール
  • IUPAC名
    3,7-Dimethylocta-1,6-dien-3-ol
  • 分子式
    C10H18O
  • 分子量
    154.25 g/mol
  • CAS No.
    78-70-6
  • 分類
    モノテルペンアルコール

リナロールの効果・効能・作用

in slico in vitro ex vivo in vivo
Non-clinical Clinical
Mice Rats Guinea Pigs Human
Anti-inflammatory Effects
Stress Reduction
Anti-oxidant Effects

抗炎症 (Anti-inflammatory Effects)

カラギーナン投与により引き起こされたラットの後肢浮腫がリナロール投与により軽減されることが報告されました。1)

ストレス軽減 (Stress Reduction)

光ストレス下でマウスが暗室へ逃げ込むまでの時間がリナロール投与群において長くなったことや、閉鎖空間内での他個体への攻撃回数と時間がリナロール供与群では減少したことなどが報告されました。2)マウスのストレス応答時の視床下部における遺伝子発現変化が、リナロール吸入により回復することが報告されました。3)その他、リナロールのストレス軽減効果について複数の報告があります。4)5)6)

抗酸化 (Anti-oxidant Effects)

ヒト皮膚線維芽細胞への紫外線照射による活性酸素種(ROS)の発生がリナロール添加により抑制されたことが報告されました。7)

  • 1)Peana et al., Phytomedicine, 2002
  • 2)Linck et al., Phytomedicine, 2010
  • 3)Yoshida et al., Neuroscience Letters, 2017
  • 4)Harada et al., Frontiers in Behavioral Neuroscience, 2018
  • 5)Souto-Maior et al., Pharmacology Biochemistry and Behavior, 2011
  • 6)Weston-Green et al., Frontiers in Scichiatry, 2021
  • 7)Gunaseelan et al., Plos One, 2017

IFRA規制

リナロール:
酸化したリナロールは皮膚刺激や皮膚感作を生じる可能性があるため、リナロール含有量が高い精油は酸化防止剤の添加などによって過酸化物が最低限(20mol/l)に維持した上で使用すべきと示されています。

※構成成分の規制は、成分の一部を記載

参考文献
ジェニー・ハーディング,精油・植物油ハンドブック,東京堂出版,2010.
大槻真一郎/尾崎由紀子,ハーブ学名語源事典,東京堂出版,2009.
ジェニー・ハーディング,ハーブ図鑑,産調出版,2012.
フレディ・ゴズラン/グザビエ・フェルナンデス,調香師が語る香料植物の図鑑,原書房,2013.
三上杏平,エッセンシャルオイル総覧 改訂版,フレグランスジャーナル社,2010.
小倉謙,植物の事典 ,東京堂出版,昭和32年.
大橋信夫,メディカルハーブの事典 ,東京堂出版,2016年.
ワンダ・セラー, アロマテラピーのための84の精油, フレグランスジャーナル社,1992.
日本アロマ環境協会, AEAJアロマテラピー検定 公式テキスト1級・2級,世界文化社,1999.
ロバート・ティスランド/ロドニー・ヤング, 精油の安全性ガイド, フレグランスジャーナル社, 2018.
バーグ文子, アロマテラピー精油辞典, 成美堂出版, 2022.
アネルズあづさ, 香りを楽しむ 特徴がわかる アロマ図鑑, ナツメ社, 2023.
International Fragrance Association, Linalool, 2004
協力
山本香料株式会社