• タイム(タチジャコウソウ)
  • タイム(タチジャコウソウ)

タイム(タチジャコウソウ)

  • 学名
    Thymus
  • 科目
    シソ科
  • 主な産地
    イギリス、アメリカ、フランス、ハンガリー、スペインなど

植物の特徴

タイムは、シソ科に属する多年草で、高さ30cm前後まで成長し、花は白色~薄い赤紫色の花をつけます。葉は、香り高い葉がびっしりと細い枝になり全体からタイムの香りの成分が香ります。このため、タイムの由来もギリシャ語で「香らせる」の意味の「チュモス」から由来したといわれていますが、タイムは抗菌力が高い植物としても知られており、「勇気の象徴」としても有名で、「勇気」という意味の「thumus」から来たともいわれ諸説あります。このタイムは環境に対する適応性も強く, 比較的どんなところでも生育します。ヨーロッパ原産として知られていますが、歴史と共にローマ人から伝えられたとされ、今ではイギリス、アメリカ、フランスなど広い地域で栽培されています。

精油の構成成分

タイム
  • タイム

  • 全成分名称
    タチジャコウソウ花/葉油
  • INCI
    THYMUS VULGARIS (THYME) FLOWER/LEAF OIL
  • 使用部位
    花及び葉
  • 抽出方法
    水蒸気蒸留法
  • 採油率
    0.4-0.6%
  • ノート
    トップ~ミドル
  • 香りの系統
    ハーバル

タイム 精油の特徴

花及び葉から水蒸気蒸留によって得られる精油は0.4%-0.6%前後で、無色ないしは、少し黄みがかった(白油)と、赤色(赤油)の2種類が存在します。チモールが主な成分で、その香りは料理に風味を添える為に使用される事が多いですが、甘味とほのかなスパイシーの香りが石鹸やローションなどにも使われます。
このチモールタイプの香りは、特徴的な薬草を思わせるような香りですが、この香りはケモタイプによって印象が異なります。調香の際には最もマイルドなリナロールタイプが人気です。

精油の構成成分

精油の構成成分

※ロット分析データの一例を記載

  • Thymol 51.0%
  • p-Cymene 29.5%
  • γ-Terpinene 10.0%
  • Carvacrol 3.6%
  • α-Pinene 1.6%
  • Myrcene 1.1%
  • other components 3.3%

構成成分の効果・効能・作用

α-ピネン

α-Pinene

α-ピネン
  • IUPAC名
    (+)-α-Pinene: (1R,5R)-2,6,6-trimethylbicyclo[3.1.1]hept-2-ene
    (-)-α-Pinene: (1S,5S)-2,6,6-trimethylbicyclo[3.1.1]hept-2-ene
  • 分子式
    C10H16
  • 分子量
    136.23 g/mol
  • CAS No.
    (+)-α-Pinene: 7785-70-8
    (-)-α-Pinene: 7785-26-4
  • 分類
    二環式モノテルペン

α-ピネンの効果・効能・作用

in slico in vitro ex vivo in vivo
Non-clinical Clinical
Mice Rats Guinea Pigs Human
Stress Reduction
Anti-bacterial Effects
Anti-inflammatory Effects

ストレス軽減 (Stress Reduction)

α-ピネンの香りを吸入したマウスの脳腫瘍が小さくなった一方、α-ピネン添加によるメラノーマ細胞の増殖はみられなかったことから、心理的な影響が考えられることが報告されました。1)

抗菌 (Anti-bacterial Effects)

α-ピネンは青変菌に対して、気体暴露および培地添加の両方において生育阻害効果を示したことが報告されました。2)

抗炎症 (Anti-inflammatory)

RAW264.7細胞においてリポ多糖(LPS)添加により炎症を引き起こす物質である一酸化窒素(NO)の産生が誘導されますが、α-ピネン添加によりNO産生が抑制されることが報告されました。3)

  • 1)Kusuhara et al., Biomedical Research, 2012
  • 2)岡村、木材保存、
  • 3)Kwak et al., Journal of Exercise Rehabilitation, 2019

IFRA規制

タイム:
規制なし

※構成成分の規制は、成分の一部を記載

参考文献
ジェニー・ハーディング,精油・植物油ハンドブック,東京堂出版,2010.
大槻真一郎/尾崎由紀子,ハーブ学名語源事典,東京堂出版,2009.
ジェニー・ハーディング,ハーブ図鑑,産調出版,2012.
フレディ・ゴズラン/グザビエ・フェルナンデス,調香師が語る香料植物の図鑑,原書房,2013.
三上杏平,エッセンシャルオイル総覧 改訂版,フレグランスジャーナル社,2010.
小倉謙,植物の事典 ,東京堂出版,昭和32年.
大橋信夫,メディカルハーブの事典 ,東京堂出版,2016年.
ワンダ・セラー, アロマテラピーのための84の精油, フレグランスジャーナル社,1992.
日本アロマ環境協会, AEAJアロマテラピー検定 公式テキスト1級・2級,世界文化社,1999.
ロバート・ティスランド/ロドニー・ヤング, 精油の安全性ガイド, フレグランスジャーナル社, 2018.
バーグ文子, アロマテラピー精油辞典, 成美堂出版, 2022.
アネルズあづさ, 香りを楽しむ 特徴がわかる アロマ図鑑, ナツメ社, 2023.
協力
山本香料株式会社